TOP
2018年度「先進ゲノム支援」情報解析講習会のご案内(9/21新着)

「先進ゲノム支援」(先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム)は、文部科学省科学研究費助成事業の新学術領域研究『学術研究支援基盤形成』 において、最先端のゲノム解析及び情報解析技術を提供して我が国のゲノム科学ひいては生命科学のピーク作りとすそ野拡大を進めることを目指し、2016年4月から支援活動を開始しています。

「先進ゲノム支援」では支援活動の一環として情報解析講習会を開催しています。今年度は、中級者向けの講習会として、プログラミング言語「Python」を用いたRNA-seqデータの視覚化や多変量解析等のプログラミング実習を中心に、以下の要領で情報解析講習会を開催いたします。

 

日 時: 2018年11月19日(月)13:00 ~11月21日(水)13:00

会 場: 国立遺伝学研究所  (静岡県三島市谷田1111)

募集人員: 若手研究者20名程度(想定スキルレベル:情報解析中級者)

・これから自分で実践的にプログラミングをしようと考えている方。

・基本的なLinuxコマンドは身につけていることを前提とします。

参加費: 無料

講習会スケジュール(予定)

【11月19日;1日目】

13:00-13:10 講習会説明

13:10-14:30 バッチジョブ、RNA-seqの各種ツールによる解析

14:40-16:10 Pythonの基本文法

16:20-17:50 文字列処理、ファイルの読み書き、正規表現

【11月20日;2日目】

10:00-11:30 Jupyter notebook、Biopython

11:40-13:00 表形式ファイルの処理(Pandas)、RNA-seqデータの補正

13:00-13:50 昼食休憩

13:50-15:20 視覚化 (matplotlib, seaborn)

15:30-17:00 統計的仮説検定

【11月21日;3日目】

10:00-13:00 多変量解析(PCA, MDS, 階層的クラスタリング等)

申し込み〆切: 2018年10月16日(火)

募集詳細: 申込方法等、詳細につきましては以下のURLをご覧ください。
https://www.genome-sci.jp/whatsnew/event/news20180920.html

 

お問い合わせ先: 先進ゲノム支援事務局

genome-sec@genome-sci.jp

先進ゲノム支援(先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム)

一覧に戻る