TOP
 第21回マリンバイオテクノロジー学会大会開催のお知らせ(11/20新着)

第21回マリンバイオテクノロジー学会大会を下記の要領で開催します。

会期令和2年5月30日(土)~5月31日(日)

会場東京農工大学小金井キャンパス(東京都小金井市)

〔交通〕JR中央線「東小金井駅」南口徒歩8分

大会役員大会会長:田中剛(東京農工大学教授)、実行委員長:新垣篤史(東京農工大学准教授)

実行委員(順不同):吉野知子(東京農工大学教授)・山田晃世(東京農工大学准教授)・

モリテツシ(東京農工大学准教授)・前田義昌(東京農工大学助教)・

佐藤礼子(東京農工大学技術専門職員)

大会事務局〒184-8588東京都小金井市中町2-24-16

第21回マリンバイオテクノロジー学会大会実行委員会

Email:mbt2020@m2.tuat.ac.jp(お問い合わせはメールにてお願いいたします。)

懇親会開催日:令和2年5月30日(土)

東京農工大学140周年記念会館エリプス

大会の概要

マリンバイオテクノロジー学会大会は、バイオテクノロジーを基盤とした海洋の学術的な理解およびその利用に寄与することを目的として、マリンバイオテクノロジー学会が母体となり開催する大会です。本大会では、細胞生物学・分子生物学・発生生物学・微生物生態学・環境微生物学・生理活性物質・ゲノミクス・プロテオミクス・生物情報科学・魚類及び無脊椎動物に関する遺伝学・バイオミネラリゼーション・バイオマテリアル・ナノテクノロジー・養殖技術などのマリンバイオテクノロジーと関連する多様な研究分野を対象として、一般講演(口頭発表・ポスター発表)とシンポジウムを募集し、マリンバイオテクノロジー研究の現状の理解と普及・発展、研究者の交流ならびに産官学連携の促進を行います。

大会の内容

1.一般講演(口頭発表,ポスター発表)

2.シンポジウム(一般:2.5時間,ミニ:1.5時間)

発表形式

1.口頭発表:一般講演は質疑応答を含め15分液晶プロジェクターを使用

2.ポスター発表:学生を対象とした優秀ポスターの表彰を予定

一般講演のセッション

1.微生物2.微細藻類3.海藻・付着生物4.魚介類5.天然物化学・未利用資源

6.バイオミネラリゼーション7.環境・環境適応8.その他

シンポジウム申込の締切令和2年4月10日(金)

発表申込みの締切令和2年3月31日(火)

講演要旨の締切令和2年3月31日(火)

事前参加申込登録の締切令和2年5月1日(金)

事前参加登録費会員5,000円学生2,000円非会員9,000円学生非会員4,000円

当日参加費会員7,000円学生3,000円非会員10,000円学生非会員5,000円

懇親会費一般6,000円学生3,000円

参加・講演申込方法:希望者は大会ウェブサイト上の登録ページよりご登録ください。

第21回大会ウェブサイト:http://marinebiotechnology.jp/mbt2020/

学会ウェブサイト:http://marinebiotechnology.jp/

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第21回国内大会ポスター

一覧に戻る