TOP
第7回 アジア植物遺伝資源 (PGRAsia) シンポジウム (Web開催)(10/23新着)

農研機構遺伝資源センターは、農林水産省より2018年度から「海外植物遺伝資源の民間等への提供促進(PGRAsia)」プロジェクトを受託しています。本プロジェクトでは、アジア諸国のジーンバンク等と農研機構を中心とする研究チームが連携して野菜を中心とする植物遺伝資源の探索収集と特性評価を共同で行い、植物遺伝資源の利用促進に取組んでいます。
今回はWebシンポジウムとして、最近のプロジェクトの成果発表と植物遺伝資源に関する講演を行います


【開催日時】2020年11月17日(火) 13:15~14:45

【開催方法】本シンポジウムはGigaCastの配信システムを使ってお送りします。


【シンポジウム概要】
13:15-14:00        プロジェクトの成果発表
 •PGRAsiaプロジェクトの概要について: 農研機構遺伝資源センター  川口健太郎
 •キルギスにおける植物遺伝資源探索(2019): 筑波大学 吉岡洋輔
 •ウリ科野菜の有望系統:農研機構野菜花き研究部門  川頭洋一
 •ナス科野菜遺伝資源の探索と特性評価:農研機構野菜花き研究部門 松永啓

14:00-14:45        遺伝資源研究会
 (講演1) PRISMによる植物遺伝資源に関する新規プロジェクト計画:農研機構遺伝資源センター 内藤健
 (講演2) 国際条約におけるDSIに関する交渉の現状:総合地球環境学研究所研究部 小林邦彦


【参加申込】 
参加を希望される方は、下記の参加申し込み窓口より、登録をお願いいたします。 
参加申し込み窓口:https://cloud.gigacast.tv/Live/Site/67uW4O   
申込締め切り: 2020年11月16日 (月)


【お問い合わせ先】
農研機構遺伝資源センター PGRAsia事務局
E-mail: office-PGRAsia@gene.affrc.go.jp 
FAX: 029-838-7054
電話: 029-838-8707 (根本) 029-838-7459 (山本)

一覧に戻る