TOP
福井県立大学 植物資源学領域、植物遺伝資源学分野の教員公募(7/5新着)

専任教員の公募について

福井県立大学では下記の要領により生物資源学部の教員を公募します。

1. 採用職種:教授または准教授(常勤・任期なし)(1名)
2. 所 属:生物資源学部 生物資源学科
3. 専門分野:植物資源学研究領域 植物遺伝資源学分野
4. 求める人材と応募資格:
本分野では、突然変異誘発技術や近縁野生種集団を活用した有用農作物の新規遺伝資源
の創出および有用遺伝資源の評価・維持管理・保護に関する教育・研究を行っています。
本公募では、植物遺伝学分野において優れた研究業績をもち、今後独創的かつ高水準な
研究を展開し、将来にわたり当該分野の発展に貢献できる方を求めます。応募資格は
次の通りです。
(1)博士の学位を有する方。
(2)日本語で授業できる方。
(3)責任感と協調性を持って学部生・大学院生の教育、研究指導を担うことができ、かつ
地域連携、社会貢献および大学の管理運営に対し、積極的に取り組む意欲を有する方。

5. 着任時期:令和 4 年 4 月 1 日(予定)
6. 提出書類:
(1)履歴書(連絡先、学歴、職歴、学位、所属学会、受賞歴など、顔写真貼付)
(2) 研究業績目録
①原著論文(査読付き)、②著書・総説、③その他参考論文、④特許など知的財産、
⑤国際学会での発表(2016 年以降で本人が発表者もしく発表責任者のものに限る)、
⑥招待講演などに分けて記載し、それぞれ現在から順に過去に遡り列記してくださ
い。①査読付き原著論文および②著書・総説においては、応募者の名前に下線、
責任著者には asterisk(*)を付けて判別できるようにし、かつ、主要研究業績(原著
論文、総説など)3 編に〇印を付けて下さい。
(3) 主要研究業績(原著論文、総説など)3 編の別刷り(コピー可)
(4)外部資金の獲得状況(2011 年以降)
(5) 現在までの研究の概要と着任後の研究に関する抱負(2,000 字程度)
(6) 現在までの教育の実績と着任後の教育に関する抱負(1,000 字程度)
(7) 学会活動、社会活動、社会貢献、その他の特記すべき事項
(8) 応募者について問い合わせのできる方 2名の氏名、所属、連絡先
提出書類(1)から(8)各 1 部(A4 判にて様式自由)の他に、提出書類(1)から
(8)を1つの PDF ファイルとして USB メモリー等に収め、同封すること。オンラ
インストレージサービスによる PDF ファイルの提出も認めます。
候補者の方には、選考の過程で面接、セミナー、模擬授業などをお願いすることが
あります。
応募書類は返却いたしません。なお、応募書類に記載の個人情報については、本選
考以外には使用せず、応募書類は選考終了後、当方で責任をもって廃棄します。

7. 応募の締切日:令和 3 年 8 月 31 日(火)(午後 5 時必着)
8. 応募書類の送付先:
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1
福井県立大学 企画広報室 米村
Tel: 0776-61-6000(内線 1055)、Email: so-kikaku@fpu.ac.jp
※封筒の表に「生物資源学部 生物資源学科 植物遺伝資源学分野 教員公募書類在中」
と朱書きし、簡易書留で郵送して下さい。
9. 問い合わせ先および連絡先:
〒910-1195 福井県永平寺町松岡兼定島4-1-1 ひ び
福井県立大学生物資源学部 教員選考委員会委員長 日竎 隆雄
電話:0776-61-6000(内線 3314)、Fax:0776-61-6015、E-mail:hibi@fpu.ac.jp

10. 主な担当予定授業科目:
学部:遺伝学II、育種学II(分担)、 生物学II(分担)、学生実験(分担)、専攻演習、
卒業論文など
大学院:遺伝資源学(分担)、植物資源学専攻演習、植物資源学専攻実験など
11. その他:
・植物遺伝資源学分野の教員構成:教授 1 名、助教 1 名、教授または准教授(本公募)
・男女共同参画社会基本法の趣旨に則り、女性の積極的な応募を歓迎します。
・本学の概要をお知りになりたい方は、下記の URL にアクセスしてください。
https://www.fpu.ac.jp

一覧に戻る