TOP
English
基礎生物学研究所 大学生のための夏のレクチャーシリーズ2022 「生物学研究のための実 験手法」をオンライン開催します(7/22新着)

基礎生物学研究所では、8月17日より「大学生のための夏のレクチャーシリーズ2022」をオンライン開催します。今年のテーマは「生物学研究のための実験手法」です。研究紹介のレクチャーに加えて、実験室より実験手法の紹介を行います。ZOOMを用いた双方向的なオンライン開催です。対象は大学生ですが、生物学研究に関心を持つ高校生、高専生、大学院生もご参加いただけます。各回16時スタート、90分~120分程度の予定です。参加費無料。ぜひご参加下さい。
詳しくはWEBサイトをごらん下さい。https://www.nibb.ac.jp/summer2022/
___
基礎生物学研究所 大学生のための夏のレクチャーシリーズ
第一講 2022年8月17日 04:00 PMより
クロマチン制御研究部門
「酵母の魅力とエピジェネティクス」
中山 潤一 教授
実験手法紹介:
「酵母の遺伝子操作のいろはを学ぶ」
中山 潤一 教授・林 亜紀 特任助教
第二講 2022年8月18日 04:00 PMより
超階層生物学センター 新規モデル生物開発室
「カエルとイモリの組織再構築現象:再生とメタモルフォーゼ」
鈴木 賢一 特任准教授
実験手法紹介:
「個体レベルの遺伝子機能解析:ゲノム編集・トランスジェニック」
鈴木 賢一 特任准教授
第三講 2022年8月19日 04:00 PMより
細胞動態研究部門
「ゼニゴケの不思議な細胞に学ぶ植物の生存戦略」
上田 貴志 教授
実験手法紹介:
「オルガネラを光らせる、観る、食べる、解析する」
金澤 建彦 助教
「コケ植物の精子の顕微鏡観察」
南野 尚紀 特任助教
第四講 2022年8月22日 04:00 PMより
進化発生研究部門
「EvoDevoで解き明かす昆虫の多様性創出メカニズム」
新美 輝幸 教授
実験手法紹介:

「ナミテントウのRNAi法」
松岡 佑児 特任助教
「フタホシコオロギのRNAi法」
中村 太郎 助教
「カブトムシのRNAi法」
森田 慎一 助教
第五講 2022年8月23日 04:00 PMより
植物環境応答研究部門
「植物が重力を認識して生き抜くしくみ」
西村 岳志 助教
実験手法紹介:
「植物分子遺伝学の最先端」
川本 望 特任助教
「重力屈性の観察法」
西村 岳志 助教
「顕微鏡を用いた根の蛍光観察」
四方 明格 助教
第六講 2022年8月24日 04:00 PMより
定量生物学研究部門
「生命現象を定量的に理解する:みる、よむ、つくる」
青木 一洋 教授
実験手法紹介:
「光遺伝学を用いた細胞機能の操作」
青木 一洋 教授
お申し込みは夏のレクチャーシリーズ WEBサイトより
https://www.nibb.ac.jp/summer2022/
___
お問い合わせ先:
基礎生物学研究所 広報室
E-mail:kouho@nibb.ac.jp
TEL:0564-55-7628

 

一覧に戻る